ゴルフスイング上達@総合情報ガイドTop >  ゴルフスイング(基本とテクニック) >  ゴルフスイングの基本と正しいスイング軌道(基本と対策)

ゴルフスイングの基本と正しいスイング軌道(基本と対策)

ゴルフスイングの基本と正しい軌道の練習の勉強をしていきましょう。
”両肘間隔の維持こそゴルフスイングの基本”

ゴルフスイングが崩れ、立ち直りのきっかけがつかめない…。
そのようなケースでは、両肘間隔を一定に保つ努力をしてみるべきでしょう。

スイングが崩れかけている人の共通点は、両肘間隔のズレがあります。
バックスイングで間隔が開き、ダウンスイングでは左肘が更に左方向に張り出してしまいます。
体と両腕の振りがバラバラという状態なのです。

ゴルフスイングの基本と練習で対策をとり、改善しましょう。

”両肘間隔の維持こそゴルフスイングの基本”とは、
いいゴルフスイングは、体の真ん中を通る背骨を中心にして、体中の筋肉が全て一連の動きを維持してクラブを振っていく状態をいいます。

その原点となるのが両肘間隔です。
このゴルフスイングの基本を忠実に練習方法にとりいれ、頑張りましょう。

アドレスした状態の両肘間隔が、終始一定の間隔のままスイングが完了されれば、そのショットはほぼパーフェクトです。
スイングの途中で両肘間隔がズレてくると、体のひねり、スイングのリズム、体の上下の動きの関連が全て狂ってきます。

両肘間隔が一定だからこそ、バックスイングのひねりは大きくなるのです。
両肘が開いてしまうと、その時点で体のひねりは浅くなってしまいます。
ゴルフスイングの原点は、両肘間隔の維持に秘訣がある事を忘れてはなりません。

正しいスイング軌道を理論どおりにする秘訣

次に、正しいスイング軌道を理論どおりにきちんと描いていきたいものです。

しかし、どうすれば理論どおりの正しいスイング軌道を体で描いていけるのか分らない。
あれこれ、いろんな方法を真似してやってみるのだが、スイング軌道は全くうまくいかない。
この悩みを持っているゴルファーがアマゴルファーのほとんどのようです。

それでは、”正しいスイング軌道を理論どおりにする秘訣”
について考えてみましょう。

この解決の一つとして、テイクバックで飛球線の反対側にボールをはじく練習をします。
アドレスをし、クラブヘッドの後方10㎝位の所に、もう1個のボールを置きます。

バックスイングする時、この後方のボールをクラブの背中部分で真後ろに飛ばし、そのままトップオブスイングへと移行します。
この練習が正しいスイング軌道の体得に繋がってきます。

右背中方向に飛ぶようなら、インサイドにクラブを引き上げ過ぎている証拠。
又、飛球線後方ラインよりも外側に飛ばすようなら、クラブヘッド軌道はアウトサイドに上がっています。
ボールを真後ろに飛ばす練習をしながら、トップへ向かうスイング軌道を掴めば、理論の体得になるでしょう。

ゴルフスイング(基本とテクニック)

ゴルフスイングの正しい理論をもとに基本を徹底し、その対策、すなわち、上達するためのヒントを込めたゴルフスイングのテクニックとして、ご説明しておりますので、初心者はもとより中・上級者の皆さん、もうゴルフの迷路から抜け出してください。このゴルフスイング(基本)(テクニック)にて悩みを解消しましょう。

ゴルフスイングの基本と正しいスイング軌道(基本と対策)関連エントリー

打ち上げホールのショットは土手にぶつけるイメージ(基本と対策) 前下がりのライからは距離を望まない事が秘訣(基本と対策) ゴルフのスランプ 脱出は短い距離から修正と自分のテンポで(基本と対策) パッティングでの左手首は舵の役目(基本と対策) ロングパットのコツ・打ち方は芯で打つ練習(基本と対策) バンカーショットの打ち方のコツと克服(基本と対策) グリーンは手前から攻めるセオリー(基本と対策) バンカー越えショットはまたぐフィーリングで打つ(基本と対策) ロングアイアンとランニングアプローチ(基本と対策) チップショットはパッティングの感覚(基本と対策) アプローチのコツは左足体重が基本(基本と対策) フルスイングは1日1回(基本と対策) 右を向くクセがスイングを壊す(基本と対策) ゴルフスイングの軌道と右膝の使い方(基本と対策) 5番ウッドは比較的簡単で打ちやすいクラブ(基本と対策) オーバースイングは気にしない(基本と対策) 左かかとでタイミング・リズムを(基本と対策) フェースを開くゴルフをすると悩む(基本と対策) ボールの右側上部をたたけがポイント(基本と対策) ゴルフのアドレスとつま先の向き、ボール 位置(基本と対策) ゴルフスイングの左脇 締めと膝の動き(基本と対策) フラットスイングへの見直しのプロとそのメリット(基本と対策) ゴルフでは体をひねるのが何よりも重要(基本と対策) ゴルフスイングの基本はゆっくり大きく振る(基本と対策) ゴルフクラブ シャフトの硬さと中高齢者(基本と対策) 低い弾道の打ち方の秘訣(基本と対策) ゴルフショットのブレの原因と対策(基本と対策) ゴルフで飛距離アップのコツはトップの余裕と力みをなくす(基本と対策) フィニッシュからアドレスへ逆道をたどるゴルフレッスン(基本と対策) 長尺クラブの打ち方とFWウッドの打ち方(基本と対策) ゴルフスイングの基本と正しいスイング軌道(基本と対策) プッシュアウト原因となる左つま先を矯正(基本と対策) ゴルフで右肘の使い方と両肩両膝のリラックス化(基本と対策) ゴルフの前傾姿勢の角度維持と左足つま先 (基本と対策) 正しいゴルフスイングと下半身の使い方(基本と対策) ゴルフスイングは呼吸によるリズムで(基本と対策) 正しいアドレスの基本的順序(基本と対策) ゴルフボールとの距離(基本と対策) クラブを短くグリップしても飛距離は変わらない(基本と対策) ゴルフクラブのグリップの握り方(基本と対策) ゴルフのディボットでの打ち方(基本と対策) ゴルフの斜面のスタンスと打ち方(基本と対策)