ゴルフスイング上達@総合情報ガイドTop >  ゴルフスイング(基本とテクニック) >  クラブを短くグリップしても飛距離は変わらない(基本と対策)

クラブを短くグリップしても飛距離は変わらない(基本と対策)

更新日: 2019年 2月 14日

”クラブを短くグリップしても、飛距離は変わらない”ことと、”トップでグリップは緩む”注意について説明をしていきましょう。

まず、”クラブを短くグリップしても、飛距離は変わらない”ことから説明します。

ゴルフクラブを振った時の感触が特に重く、スムーズにスイング出来ない状態になっているような気分に陥るのは、アマゴルファーばかりではありません。
プロゴルファーでも時々体験する事です。

グリップエンドフルの持ち方で、クラブを持ってスイングしても、物理的に鋭く振り切れなければ、飛距離を伸ばす事に繋がらないのです。

クラブを短く持って、クラブを長く持つ事より、シャープにヘッドを振り切る事が飛距離を伸ばす秘訣なのです。

さらに、”クラブを短くグリップしても飛距離は変わらない”ことを学びましょう。

クラブを振った時の感触が妙に重く、スムーズにスイングが出来ない状態。
この状態より早く脱出するには、グリップエンドを5㎝ほど短く持ってスイングしていきます。

クラブを短く持つ、短くグリップする事によって、クラブ全体のバランスが軽く感じられ、力をこめなくてもクラブヘッドをビュンと楽に振る事が出来ます。

クラブを短くして握る、短くグリップすると、すごく飛距離がダウンするのでは、という危惧を抱きがちですが、決してそんな事はおこりません。

むしろクラブヘッドをシャープに振れる分だけ、飛距離も伸びる事があるんです。

トップでのグリップの緩み対策

第2の注意事項は、”トップでグリップは緩む”ので、しっかり握りましょう。

トップオブスウィングでクラブが緩み、しっかり握っていない人が多くみられます。
本人はこの事に気付いていません。

このミスが出始めるとショットの方向性が狂い、ジャストミートしたりしなかったり…のバラツキが出てきます。

打ってみないと結果がまるで分らないのです。

この現象は往々にして、トップでのグリップの緩むことからおこるのです。

”トップでグリップは緩む”ことなく、しっかり握りましょう。

実際にゴルフボールを打っている時に、上手な人にトップでのグリップの形をチェックしてもらうとよいでしょう。
緩んでいるかどうかが即座にわかるはずです。
特にトップでの左手小指をチェックしてもらいましょう。

左手小指の緩みが出るとショットが乱れてきます。
それはそのグリップの揺むことにより、クラブフェースの方向が大きく狂ってくるのです。

インパクトでジャストミートのチャンスが少なく、たまたまフェースがうまく元の位置に戻った時だけいいショットになっているのです。

アドレス時からフィニッシュに至るまで、常に一定の強さ、形でグリップが維持されていればミスは少なくなるでしょう。

ゴルフスイング(基本とテクニック)

ゴルフスイングの正しい理論をもとに基本を徹底し、その対策、すなわち、上達するためのヒントを込めたゴルフスイングのテクニックとして、ご説明しておりますので、初心者はもとより中・上級者の皆さん、もうゴルフの迷路から抜け出してください。このゴルフスイング(基本)(テクニック)にて悩みを解消しましょう。

クラブを短くグリップしても飛距離は変わらない(基本と対策)関連エントリー

打ち上げホールのショットは土手にぶつけるイメージ(基本と対策) 前下がりのライからは距離を望まない事が秘訣(基本と対策) ゴルフのスランプ 脱出は短い距離から修正と自分のテンポで(基本と対策) パッティングでの左手首は舵の役目(基本と対策) ロングパットのコツ・打ち方は芯で打つ練習(基本と対策) バンカーショットの打ち方のコツと克服(基本と対策) グリーンは手前から攻めるセオリー(基本と対策) バンカー越えショットはまたぐフィーリングで打つ(基本と対策) ロングアイアンとランニングアプローチ(基本と対策) チップショットはパッティングの感覚(基本と対策) アプローチのコツは左足体重が基本(基本と対策) フルスイングは1日1回(基本と対策) 右を向くクセがスイングを壊す(基本と対策) ゴルフスイングの軌道と右膝の使い方(基本と対策) 5番ウッドは比較的簡単で打ちやすいクラブ(基本と対策) オーバースイングは気にしない(基本と対策) 左かかとでタイミング・リズムを(基本と対策) フェースを開くゴルフをすると悩む(基本と対策) ボールの右側上部をたたけがポイント(基本と対策) ゴルフのアドレスとつま先の向き、ボール 位置(基本と対策) ゴルフスイングの左脇 締めと膝の動き(基本と対策) フラットスイングへの見直しのプロとそのメリット(基本と対策) ゴルフでは体をひねるのが何よりも重要(基本と対策) ゴルフスイングの基本はゆっくり大きく振る(基本と対策) ゴルフクラブ シャフトの硬さと中高齢者(基本と対策) 低い弾道の打ち方の秘訣(基本と対策) ゴルフショットのブレの原因と対策(基本と対策) ゴルフで飛距離アップのコツはトップの余裕と力みをなくす(基本と対策) フィニッシュからアドレスへ逆道をたどるゴルフレッスン(基本と対策) 長尺クラブの打ち方とFWウッドの打ち方(基本と対策) ゴルフスイングの基本と正しいスイング軌道(基本と対策) プッシュアウト原因となる左つま先を矯正(基本と対策) ゴルフで右肘の使い方と両肩両膝のリラックス化(基本と対策) ゴルフの前傾姿勢の角度維持と左足つま先 (基本と対策) 正しいゴルフスイングと下半身の使い方(基本と対策) ゴルフスイングは呼吸によるリズムで(基本と対策) 正しいアドレスの基本的順序(基本と対策) ゴルフボールとの距離(基本と対策) クラブを短くグリップしても飛距離は変わらない(基本と対策) ゴルフクラブのグリップの握り方(基本と対策) ゴルフのディボットでの打ち方(基本と対策) ゴルフの斜面のスタンスと打ち方(基本と対策)