ゴルフスイング上達@総合情報ガイドTop >  ゴルフレッスン >  ゴルフでのスタンスとアドレス

ゴルフでのスタンスとアドレス

【スタンスとアドレス】レッスンをしましょう。

ゴルフプレーヤーがストロークをする準備として、「足の位置を定めた時」 がスタンスをとった事になります。

そして、スタンスをとり、「ゴルフクラブを地面につけた(ソールした)時」に、ゴルフボールにアドレスした事になります。

但し、ハザード内では、クラブを地面(水面)につける事は許されていませんから、ハザード内に限ってはスタンスをとった時に、ボールをアドレスした事となります。

・スタンスをとったかどうか
・ソールしたかどうか
・ボールにアドレスしたかどうか
は、ゴルフルールでは大きな違いがあります。

このレッスンを通してよく理解しておきましょう。

ゴルフレッスン

ゴルフレッスンのカテゴリーです。ゴルフ初心者でもレッスン出来るように、コース上、ラウンド上で具体的にイメージしやすく説明しています。 グリップの注意点やゴルフスイング全体のワンポイントレッスンとして、気軽に楽しんで下さい。

ゴルフでのスタンスとアドレス関連エントリー

ゴルフプレー上の”アンプレヤブル”の処置 ゴルフプレーでの暫定球打数 ゴルフでの誤球プレー ゴルフプレーで「暫定球」が打てる時 ゴルフプレー上の”アンプレヤブル宣言” ”ホールインのボール”とは ゴルフボールは”前後左右・上下にも動く” ゴルフプレーでのロストボール<紛失球> ゴルフスイングとストローク ゴルフのアドバイス ゴルフプレーの同伴競技者と局外者とは ゴルフボールは「あるがままで」 ゴルフでのスタンスとアドレス ゴルフプレー共用のキャディとカート ゴルフプレーの誤所からのプレー ゴルフプレーのプレースとリプレース グリーン上のマークとその移動 ゴルフプレー上”再ドロップ”を要するケース ゴルフでのドロップの仕方