ゴルフスイング上達@総合情報ガイドTop >  ゴルフレッスン >  ”ホールインのボール”とは

”ホールインのボール”とは

【ホールインのボール】とはのレッスンをしましょう。

ホールに入ったゴルフボールとは、
「ボール全体がホールの淵よりも下に沈んでホール内に停止した」ボールの事を言います。

ホールの深さは100㎜以上とされていますが、必ずしもその底に達していなくとも、ホールに入ったと認められる事があるのです。

例えば、ホールに立てられている旗竿と、ホールの壁の間に挟まれる事がよくあります。
その時、ボールの頭がホールの淵よりも下にあれば、それはホールに入ったボールとなります。

このレッスンを通してよく覚えておきましょう。

ゴルフレッスン

ゴルフレッスンのカテゴリーです。ゴルフ初心者でもレッスン出来るように、コース上、ラウンド上で具体的にイメージしやすく説明しています。 グリップの注意点やゴルフスイング全体のワンポイントレッスンとして、気軽に楽しんで下さい。

”ホールインのボール”とは関連エントリー

ゴルフプレー上の”アンプレヤブル”の処置 ゴルフプレーでの暫定球打数 ゴルフでの誤球プレー ゴルフプレーで「暫定球」が打てる時 ゴルフプレー上の”アンプレヤブル宣言” ”ホールインのボール”とは ゴルフボールは”前後左右・上下にも動く” ゴルフプレーでのロストボール<紛失球> ゴルフスイングとストローク ゴルフのアドバイス ゴルフプレーの同伴競技者と局外者とは ゴルフボールは「あるがままで」 ゴルフでのスタンスとアドレス ゴルフプレー共用のキャディとカート ゴルフプレーの誤所からのプレー ゴルフプレーのプレースとリプレース グリーン上のマークとその移動 ゴルフプレー上”再ドロップ”を要するケース ゴルフでのドロップの仕方