ゴルフスイング上達@総合情報ガイドTop >  ゴルフレッスン >  グリーン上のマークとその移動

グリーン上のマークとその移動

更新日: 2019年 3月 05日

グリーン上での【マークとその移動】レッスンをしましょう。

グリーン上等でゴルフボールを拾い上げる場合は、マークをしなければなりません。
マークの仕方は、マーカー、コインかその様なものを使用してボールの直後に置きます。

ゴルフボールをリプレースする時は、元の位置に置いてからマークを取り除くのです。
グリーン上でゴルフボールをマークすると、そのマーカー(コイン等)が他のプレーヤーの、パッティングライン上にかかる事があります。

そのマークのずらし方、移動方法
 ①マークを移動する方向に目標を見つける。
 ②マークと目標を結ぶ線に、マークと接してパターヘッドを合わせる。
 ③マークをとり、パターヘッドの逆側にマークする。

このレッスンを通して覚えておきましょう。

ゴルフレッスン

ゴルフレッスンのカテゴリーです。ゴルフ初心者でもレッスン出来るように、コース上、ラウンド上で具体的にイメージしやすく説明しています。 グリップの注意点やゴルフスイング全体のワンポイントレッスンとして、気軽に楽しんで下さい。

グリーン上のマークとその移動関連エントリー

ゴルフプレー上の”アンプレヤブル”の処置 ゴルフでの誤球を解説と松山英樹誤球騒動 ゴルフルールで「暫定球」が打てる時 ゴルフプレー上の”アンプレヤブル宣言” ホールイン ルール ゴルフプレーでのロストボール<紛失球> ゴルフスイングとストローク ゴルフのアドバイス ゴルフプレーの同伴競技者と局外者とは ゴルフではボールはあるがままでプレー ゴルフでのスタンスとアドレス ゴルフプレー共用のキャディとカート ゴルフプレーの誤所からのプレー ゴルフプレーのプレースとリプレース グリーン上のマークとその移動 ゴルフのドロップ仕方と再ドロップを要するケース