ゴルフスイング上達@総合情報ガイドTop >  ゴルフレッスン >  ゴルフのドロップ仕方と再ドロップを要するケース 

ゴルフのドロップ仕方と再ドロップを要するケース 

ゴルフでのドロップ仕方と再ドロップを要するケースレッスンをしましょう。

まず、ゴルフプレーでのドロップ仕方

  • 直立してボールを持ち
  •  
  • 腕を肩の高さに上げて一杯に伸ばしたまま
  •  
  • ボールを落とす

という方法で、ドロップエリアに行います。

間違った方法でドロップしたり、他の人がドロップした場合はゴルフプレーヤー自身がドロップし直さなくてはなりません。
これを怠ると1ペナルティが課される事になります。

ドロップしたボールが、地面に落ちる前あるいは落ちた後で、プレーヤー、キャディ、又はその携帯に触れた時は、ペナルティ無しでそのボールを拾い上げて、 ドロップエリアに再ドロップしなければなりません。

次にゴルフでの再ドロップを要するケースレッスンをしましょう。

ゴルフプレー上でドロップしたゴルフボールが次のようになった時は、もう一度ドロップしなければなりません(再ドロップ) 。

  • スルー・ザ・グリーンのドロップでハザードに転がり込んだ時
  • ハザード内のドロップでハザード外に出た時
  • スルー・ザ・グリーン、ハザード内のドロップでグリーン上に入った時
  • OBになった時
  • 動かせない障害物、カジュアルウォーターや修理地等からの救済処置をとった場合は、前と同様の状態に転がり戻った時
  • ボールが最初に地面に落ちた地点から2クラブレングス以上転がった時
  • ルールで許されているよりもホールに近づいた時

このレッスンで覚えてください。

ゴルフレッスン

ゴルフレッスンのカテゴリーです。ゴルフ初心者でもレッスン出来るように、コース上、ラウンド上で具体的にイメージしやすく説明しています。 グリップの注意点やゴルフスイング全体のワンポイントレッスンとして、気軽に楽しんで下さい。

ゴルフのドロップ仕方と再ドロップを要するケース 関連エントリー

ゴルフプレー上の”アンプレヤブル”の処置 ゴルフでの誤球を解説と松山英樹誤球騒動 ゴルフルールで「暫定球」が打てる時 ゴルフプレー上の”アンプレヤブル宣言” ホールイン ルール ゴルフプレーでのロストボール<紛失球> ゴルフスイングとストローク ゴルフのアドバイス ゴルフプレーの同伴競技者と局外者とは ゴルフではボールはあるがままでプレー ゴルフでのスタンスとアドレス ゴルフプレー共用のキャディとカート ゴルフプレーの誤所からのプレー ゴルフプレーのプレースとリプレース グリーン上のマークとその移動 ゴルフのドロップ仕方と再ドロップを要するケース