ゴルフスイング上達@総合情報ガイドTop >  ゴルフルール規則(バンカー) >  ゴルフボールにおおった枯葉を動かす

ゴルフボールにおおった枯葉を動かす

ゴルフプレーの状況】

バンカー内に溜っている枯葉の中にゴルフボールが入り、そこにあるかどうか分らなかったので、ゴルフボールをおおっている枯葉を動かして確認した。

ゴルフルール解説
                   
・本来、ハザード内の枯葉(ルースインペディメント)は触れたり動かしてはいけない。
・しかし、ボールがあるかどうかを確かめる為に、ボールの一部が見える程度に、取り除く事は許されています。
・ボールが動いた時には、ペナルティ無しにリプレースする事になります。

ゴルフルール規則(バンカー)

ゴルフプレーをスムーズに楽しむために欠かせないゴルフルール規則(バンカー)。初心者にとっても早わかり風に、どんな疑問もすぐ解決するよう、ゴルフルール規則(バンカー)を解説しています。有意義にゴルフを楽しみましょう。

ゴルフボールにおおった枯葉を動かす関連エントリー

バンカーをならし中ゴルフボールが落込んだ バンカーショット後クラブで砂を叩いた レーキを打つ前に突きさした アドレス時ゴルフクラブが砂に触れた ゴルフボール近くの木の枝を取り除いた 全面的に水の溜ったバンカー スタンスをとったらゴルフボールが動いた めり込んだゴルフボールを拾い上げた レーキを移動したらバンカーにゴルフボール落下 バンカー内に使わないゴルフクラブを置いた ゴルフボールにビニール袋が被さった 同伴競技者のショットで砂に埋ったゴルフボール バンカーの中での誤球 ゴルフボールにおおった枯葉を動かす