ゴルフスイング上達@総合情報ガイドTop >  ゴルフコースとは >  ゴルフボールが逆戻りした時の処置

ゴルフボールが逆戻りした時の処置

ゴルフボール逆戻りした時】の処置については、

ウォーターハザードの処置のうち、最も間違えやすく、重大な結果を招きかねないのが、次のようなケースです。
グリーン手前にウォーターハザードがあり、ゴルフボールは一度そのウォーターハザードを越えたが、逆戻りしてウォーターハザードに入ってしまった。

ここでの正しいドロップ地点は
 ①そのゴルフボールをプレーした所に出来るだけ近い地点
 ②ホールと、ボールが区域の限界を最後に横切った地点とを結ぶ線の、ハザード後方の延長線上(距離に制限なし)の2ヵ所です。

ゴルフコースとは

ゴルフコースの構成からはじまり、まずティグランドに立ち、スルー・ザ・グリーンは、ハザードとは等、どのようなものがあるのか、ゴルフ初心者として知っておきたいゴルフコースについて、レッスン風にどんな疑問もすぐ解決できるようにまとめてありますので、ゴルフコース攻略に役立てましょう。

ゴルフボールが逆戻りした時の処置関連エントリー

ゴルフコースの修理地等でのボールの紛失 ゴルフコースで「救済」されないケース ゴルフコースの修理地等からの救済 ゴルフコースのモグラの穴はコースの損傷 ゴルフコースのカジュアルウォーター ゴルフコースの修理地とは ゴルフコースの動かせない障害物からの救済 ゴルフコースの動かせない障害物 ゴルフコースの動かせる障害物とは ゴルフコースの障害物とは ゴルフコースの砂、バラバラ土、雪と氷は ゴルフコースのルースインペディメント OB杭はOB区域内にある(ゴルフ) OB<アウト オブ バウンズ>(ゴルフ) ゴルフコースのホール/旗竿とは ゴルフコースのグリーンとは ゴルフコースの「動かせない障害物」からの救済 ゴルフボールが逆戻りした時の処置 ゴルフコースのウォーターハザードでの処置 ゴルフコースのハザード<ウォーターハザード> ゴルフコースのハザード<バンカー> ゴルフコースのスルー・ザ・グリーン ゴルフコースのティグランド ゴルフコースの構成