ゴルフスイング上達@総合情報ガイドTop >  ゴルフ初心者のマナー >  遠いボールから先に打つ(ゴルフ)

遠いボールから先に打つ(ゴルフ)

遠いボールから先に打つ】ことをはじめとして、初心者として次の事をよく理解しておきましょう。

他の人がショットする時は、その人の飛球線後方に立ってはいけません。
バックスイング時視野に入り、ショットの邪魔になるからです。
又、ショットする人より前方に出てもいけません(危険)。
必ずナイスショットしてくれるとは限りません。
ゴルフには「遠球先打」の原則があります。 
つまりホール(カップ)から遠い距離にボールがある人から打っていくという事です。

ゴルフ初心者のマナー

ゴルフ初心者、はじめて間もない人のために、ゴルフ場で過ごす一日の、ルールはもとより行動全体のゴルフマナーを、早わかり風に説明しています。初心者でもゴルフマナーの良さが、素晴らしいゴルフプレーにつながることを期待します。

遠いボールから先に打つ(ゴルフ)関連エントリー

ゴルフの最後はフロントで精算する ゴルフ終了後はお風呂で一日の汗を流す ゴルフコンペでのスコアーカードの提出 初心者によくあるゴルフクラブ確認ミス ゴルフ場のレストランでの初心者マナー INスタートの時刻を確認する(ゴルフ) グリーン上で時間をかけ過ぎない(ゴルフ) グリーン上で他プレーヤーのラインを踏まない グリーン上のボールマークを直しましょう(ゴルフ) ショートホールで次組に打たせる(ゴルフ) バンカーは必ずならしてから出る(ゴルフ) ゴルフコースの保護を ゴルフボール捜しはパスさせてから ゴルフコースは早足で歩こう 遠いボールから先に打つ(ゴルフ) 初心者が隣のホールへ打ち込んだら(ゴルフ) ゴルフプレーで前の組に打ち込まない 初心者は早いゴルフプレーを スコアカードを付けよう(ゴルフ) 打つ順番を決めよう(ゴルフ) ゴルフ場のティグラウンドでは静かに 初心者はゴルフボールに印とクラブ確認 初心者は早めにスタートティへ行く(ゴルフ) ゴルフ場で貴重品はフロントへ ゴルフ場でメンバー表を提出 ゴルフ場のフロントでサイン ゴルフ場に到着すればキャディバッグを渡す ゴルフ場へは余裕をもって