ゴルフスイング上達@総合情報ガイドTop >  ゴルフ初心者のマナー >  ゴルフコースの保護を

ゴルフコースの保護を

ゴルフコース保護】をしましょう。

ショットの度毎に何回もの練習スイングを繰り返す初心者をよく見うけられます。
これはプレーの進行を遅らせるばかりでなく、素振りのたびに芝生を削り取る事も問題です。
従って、ショットで削り取った芝生(ディボット)は必ず元の位置に戻し、踏みつけておくようにします。
折角ナイスショットしたのに、芝を戻していないディボットあとにゴルフボールが入ってしまった時は悔しいものです。
ゴルフコース保護と他のプレーヤーに与える影響も初心者はよく考えましょう。

ゴルフ初心者のマナー

ゴルフ初心者、はじめて間もない人のために、ゴルフ場で過ごす一日の、ルールはもとより行動全体のゴルフマナーを、早わかり風に説明しています。初心者でもゴルフマナーの良さが、素晴らしいゴルフプレーにつながることを期待します。

ゴルフコースの保護を関連エントリー

ゴルフの最後はフロントで精算する ゴルフ終了後はお風呂で一日の汗を流す ゴルフコンペでのスコアーカードの提出 初心者によくあるゴルフクラブ確認ミス ゴルフ場のレストランでの初心者マナー INスタートの時刻を確認する(ゴルフ) グリーン上で時間をかけ過ぎない(ゴルフ) グリーン上で他プレーヤーのラインを踏まない グリーン上のボールマークを直しましょう(ゴルフ) ショートホールで次組に打たせる(ゴルフ) バンカーは必ずならしてから出る(ゴルフ) ゴルフコースの保護を ゴルフボール捜しはパスさせてから ゴルフコースは早足で歩こう 遠いボールから先に打つ(ゴルフ) 初心者が隣のホールへ打ち込んだら(ゴルフ) ゴルフプレーで前の組に打ち込まない 初心者は早いゴルフプレーを スコアカードを付けよう(ゴルフ) 打つ順番を決めよう(ゴルフ) ゴルフ場のティグラウンドでは静かに 初心者はゴルフボールに印とクラブ確認 初心者は早めにスタートティへ行く(ゴルフ) ゴルフ場で貴重品はフロントへ ゴルフ場でメンバー表を提出 ゴルフ場のフロントでサイン ゴルフ場に到着すればキャディバッグを渡す ゴルフ場へは余裕をもって